本文へスキップ

マドンナの宝石・間奏曲第1番

音楽ギャラリー田麦庵コンサートへようこそ

いつかどこかで聴いた聞き覚えのあるクラシック音楽

ギャラリー

音楽ギャラリー1

音楽ギャラリー1

スコアの入手可能な曲を集めてみました。いつかどこかで聴いた聞き覚えのあるクラシック音楽をどうぞ。

音楽ギャラリー2

音楽ギャラリー2

田麦広憲(庵主)の編曲作品です。管弦楽、吹奏楽、弦楽四重奏、木管・金管アンサンブルをどうぞ。

音楽ギャラリー3

音楽ギャラリー3

ギターを中心にフルート、バイオリン、ビオラ、チェロ、パーカッション、民族楽器のアンサンブルをどうぞ。

音楽ギャラリー4

音楽ギャラリー4

チェレスタとヴィブラフォンで演奏したオルゴール風癒しのサウンドをどうぞ。

マドンナの宝石・間奏曲第1番お知らせ「マドンナ(聖母)の宝石」間奏曲第1番フェラーリ作曲 Flash(mp3)

W フェラーリ作曲
マドンナの宝石」(聖母の宝石)

エルマンノ・ヴォルフ=フェラーリが作曲した全3幕からなる
オペラです。 初演は1911年12月23日、ドイツ(ベルリン)
特に第2幕前の第1間奏曲が親しまれています。
あらすじは、
ナポリの下町に住む鍛冶屋ジェンナロは     
思いを寄せるマリエッラから
「私の愛を得るのは私にマリア様の  
宝石を取ってくれる人」と言われます。
しかし、マリエッラは秘密結社カモーラ党のボス、
ラファエレと親しくしていました。   
ジェンナロは思い悩みますが彼女の愛を得るため  
ついに教会に忍び込んで聖母像から
宝石を盗んでしまいます。  
しかし マリエッラの心が
ラファエレから離れないことを知った
ジェンナロは失った恋の悲しみと
大変な罪を犯してしまった苦しさに耐えられず
自ら命を絶ってしまい、マリエッラも身投げして死んでしまう
というとても悲劇的な作品です。
作者は1948年故郷ベネチアで永眠。
スコアは間奏曲第1番が出版されています。
マドンナ(聖母)の宝石
間奏曲第1番
      マドンナ(聖母)の宝石mp3




音楽ギャラリー


ダウンロード楽譜のサンプル音源としてお聴きいただけます。

   (VSLを使って演奏しています。)


       Music Studio Tamugian
マドンナ(聖母)の宝石